動画でわかる産地で暮らす

「4つの切り口から考える老い支度
-お金・住まい・からだ・生きがい-」

講師:藤井智子さん(NPO法人Wco.FPの会)

「人生100年時代の医療・介護サバイバル」
〜 親と自分のお金・介護・認知症の不安が消える〜

講師:中澤まゆみさん(ノンフィクションライター)
産地で暮らすとは

活クラブは、生活圏レベルの見守り態勢や介護と医療の連携による地域包括ケアシステムのモデルづくりなど、都市部の高齢化問題に対して誰もが安心して暮らせる地域づくりに取り組んでいます。

もっと見る
産地の紹介

多様な暮らし方の検討をスタート
生活クラブではこれまで地域福祉として進めてきた「住み慣れた地域で最期を迎える」に加え、「地方に移住する」という高齢期の暮らし方について検討を始めました。
そのひとつが、「山形県の庄内地方へ移り住む」という選択肢です。生活クラブの提携生産地である庄内では生産者が中心となり、生活クラブの活動と連携して「庄内FEC自給ネットワーク」が動き始めています。

もっと見る
庄内くらしびとコラム

2021年5月9日

遊佐生活7年目スタート!

2021年3月2日

今も現役! 山居倉庫、美しさの秘密

2020年11月20日

【コラム】正月に満開になる!?啓翁桜 〜「環境にやさしい農業」を実践する生産者〜

もっと見る
PAGE TOP
MENU