生活クラブらしさ満載の参加型福祉コミュニティーづくり

生活クラブらしさ満載の参加型福祉コミュニティーづくり

運営者情報 メールマガジン お問い合わせ

コラム

【コラム】好きになった町で暮らし始めて6年目

はじめまして!
生活クラブ生協組合員の辻です。よろしくお願いします。
私は夫と共に2015年4月から生活の中心を遊佐町に置き、冬の間と仕事がある時に千葉に帰る二地域居住をしています。

 

遊佐町は豊かな自然の美しさと温かな人々がたくさんいる所です。辻の遊佐生活、生産者、遊佐の大自然などを今後紹介させていただきます。

私達夫婦は 毎年"米作り"の種まき・田植え・米倉庫の受け入れなど人出がいる作業の手伝いをしています。

 

今年の米作り

 

・種まき 4月11日

 

1日で種まきをするので人出がいる作業です。約1か月で苗になり、田んぼに植えられます。作業の合間のおしゃべりとお茶の時間はとっても楽しいですよ!

tuji_01

・田植え 5月12日~

 

ハウスから苗を運んで田植え機に乗せる作業を手伝いました。この時期は絵ハガキのなかにいるような景色です。

tuji_02

・稲刈り

 

7月の長雨8月の猛暑を乗り越えて、鳥海山の湧水・澄んだ空気と生産者の日々の努力で今年も美味しいお米ができました!

tuji_05
tuji_06
tuji_04

種まき、田植えのお手伝いをした生産者の方から新米をいただき早速炊きました。
炊き上がりワクワクしながら御釜の蓋をあけると、ツヤツヤで香りもします。

tuji_07

(美味しそうに写真を撮るのは難しい…)

 

「新米いただきます。
一粒一粒ふっくらして甘みがあって美味しい!」

遊佐に来て米作りのお手伝いをして良かった!と思いながら頂きました。

 

「ご馳走さまでした」

プロフィール
1955年生まれ、千葉県出身。1985年生活クラブ加入。組合員活動時代、各地の生産現場を訪れ地方の過疎化・高齢化・耕作放棄地を目の当たりにして、私にできる事がないかなぁと考えていました。「夢都里路くらぶ」で遊佐の移住促進を知り、夫と共に千葉・遊佐との二地域居住を選択しました。
現在は生活の拠点を遊佐に置き、消費材のおこし作りと農作業で手が足りない時にお手伝いし楽しく過ごしています。
冬は千葉に戻ります。

 

間近に鳥海山を望み、海も近く、四季の移り変わりを感じ、温かな人々とのふれあい、水・空気・旬の食材・温泉を楽しむ日々を過ごしています。 (成子)