生活クラブらしさ満載の参加型福祉コミュニティづくり

産地で暮らす

私らしく生きる

「産地で暮らす」ウェブサイト

2019年6月 開設予定

「産地で暮らす」とは

生活クラブは、生活圏での見守り態勢や介護と医療の連携による地域包括ケアシステムのモデルづくりなど、高齢化問題に対して誰もが安心して暮らせる地域づくりに取り組んでいます。

一方で、共同購入の提携生産者が主体となって地域づくりを進めるなかで、新たな選択肢として産地での「暮らし方」が提案されています。

おおぜいの組合員のライフスタイルの選択肢を広げることを目的に、高齢者に限らず就農や田舎暮らしの要望に応えるなど、 産地の地域づくりの新たな主体者として生活クラブ組合員を迎え生産者と組合員が連携・協力して地域コミュニティづくりをすすめています。

産地を知る

全国の主要な提携生産者の産地にて活動をすすめています。

産地のライフスタイルやイベントなどリアルな情報をお届けします。

どんな地域・場所なのかという風土や、どのような人たちが生活しているのかという風景など、生活をイメージできるように、組合員記者が産地を訪問し、生活者目線で取材した産地の魅力について紹介します。自治体や提携生産者と連携してイベント等の情報も掲載していく予定です。

産地に住まう

各自治体と連携して「空き家」を地域資源として活用します。

自治体や提携生産者と連携して、産地の「空き家」情報を紹介します。

産地における地域づくりには「住居」と「住まい方」がキーポイントになります。魅力のある地域資源として「空き家」が活用できるよう、同じ思いを持つ産地がネットワークを形成し、選択・判断ができるためのしくみづくりをめざします。自治体や提携生産者との連携による「空き家」情報の掲載と提案型の「空き家」利活用の情報発信を予定しています。

産地で働く

心身ともに豊かに生きていくために必要な働く場をつくります。

自治体や提携生産者と連携して、地域の仕事情報を紹介します。

超高齢者社会の中、誰もが自分らしく最期まで安心して暮らせる、都会を離れて地方で働きながら暮らす、そんな思いを実現するため、自治体や提携生産者と連携して地域の仕事情報の掲載と地域づくりに必要な機能や仕事に関するニーズをまとめて情報発信し、働く場づくりに取り組むことを予定しています。